無責任ではありません

無責任ではありません

毎日ブログ生活
30日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
経営コンサルタント

稲垣です。

 

この記事は過去アメブロにて
投稿した記事を加筆修正したものです。

 

最近読んだ本の中の内容で
すごく印象に残った部分が
あったのでご紹介します。

 

 

最近ではドラマも
やっていたようですね。

 

1度も観てないですが。。。

 

 

この本は2013年に発売され
130万部を超える大ヒット作です。

 

内容は「哲人」と「青年」の
哲学的な対話によって
物語が進んでいきます。

 

その中での一節で
こんな言葉がありました。

 

『馬を水辺に連れていくことはできるが、
 水を呑ませることはできない』

 

 

この言葉には
人にチャンスやきっかけを
与えることはできるが、

それを実行するかどうかは
与えれた側の問題である

 

という意味が込められています。

 

イギリスのことわざのようです。

 

キャッシュフローコーチの
仕事も同じことが言えます。

 

相談者の方のお困りごとに対して
一緒になって考え、悩み、
提案し、プランを立てたりします。

 

しかし、その一緒になって
考えた
プランについて
やるか、やらないかについて
強制はしません。

 

あくまでも相談者の方が
やるか、やらないかを判断して
もらうことになります。

 

捉え方を間違えると
無責任とも捉えられます。

 

しかし、やりたくないことを
強引に勧めても
成功にはたどり着けません。

 

勇気が出ない方の
背中をポンと推すことは
出来ますが、
一歩踏み出す、
歩き出すのはご自身です。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。