想いや悩みを文字にする

想いや悩みを文字にする

毎日ブログ生活
36日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
経営コンサルタント

稲垣です。

 

この記事は過去アメブロにて
投稿した記事を加筆修正したものです。

 

本日お客様と定例の打ち合わせを
させていただきました。

 

 

その打ち合わせの際に出た
社長の悩みや考えが
すごく参考なると思ったので
ご紹介します。

 

本日のお客様は従業員15名ほどで
店舗を2店舗運営されている
会社さんです。

 

昨年の秋に1つの店舗を
リニューアルされて
モチベーションも上がっている
状態です。

 

 

しかし、今日伺ってみると
色々な課題や悩みが
浮き彫りになりました。

 

まず1つ目は 『人』 のこと。

 

若い従業員さんが多く
入社、退職の頻度が高い状況です。

 

1月末でも1名退職されました。

 

欠員が出ている店舗は
人員の補充はしませんでした。

 

どの社長さんでも
人のマネジメントは
苦労されています。

 

この社長さんが色々考えているな
と感じたことは
欠員に対して敢えて
補充を行わなかったことです。

 

一歩間違えると残った方の
仕事量が増え、不満がたまってしまう
結果になってしまいます。

 

 

しかし、業務の見直しや
人間関係の改善等で
補充なしで業務を回しています。

 

安易な人員補充に逃げなく
考えることを怠りませんでした。

 

次に関心したのは
やりたいことが
明確になっていることです。

 

現在の状況で推移していけば
売上は順調にあがっていきます。

 

ただし、それ以外に
自分は○○したい
という意志を示してくれました。

 

 

思うことは簡単にできます。

 

しかし、
言葉にすることは難しいです。

 

常に意識しているから
言葉として出てくるのです。

 

私はそれを文字に落とし込みました。

 

書いていて重みを感じました。

 

経営者なら当たり前?

 

いやいや当たり前のことが
当たり前にできるという人は
なかなかいませんよ。

 

人のマネジメント。

 

自分が何をしたいか。

 

経営者なら必ず悩むところです。

 

悩んでいるだけでは
始まりません。

 

考える時間を作りましょう。

 

考えたことを言葉にしてみましょう。

 

言葉にしたら文字にしてみましょう。

 

 

文字にするのが難しいのであれば
身近にいるキャッシュフローコーチに
文字お越しを頼んでみてください。

 

キャッシュフローコーチがいれば
さらに深掘りできます。

 

緊急性がないことかもしれませんが
重要性が高い事です。

 

一度立ち止まってでも
やってみましょう。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。