お金につられてるだけのだけの社員

お金につられてるだけのだけの社員

毎日ブログ生活
906日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
チーム力アップコンサルタント

稲垣です。

 

先日のブログである人気漫画に
手を出してしまったことを書きました。

 

その時のブログがこちら。

 

あの人気漫画から学ぶモチベーション理論

 

その漫画とは『キングダム』

寝不足になりそうなので
読みたい衝動を抑えつつ
少しずつ読み進めています。

 

さらに昨日こんなサイト、動画まで
発見してしまいました。

 

 

未ングダム
~キングダムを未だ見ぬ君へ~

 

キングダムを
読んだことがないゲストに
キングダムを読んでもらい
はまってもらおうという番組。

 

これ一応集英社のオフィシャルです。

 

ちょっとネタバレになりますが、
読み進んでいくと
こんなセリフが出てきます。

 

=====================
だから側近ではなく
金につられてるだけ
お前らをここの警備につけている
=====================


これを見ると組織の

エンゲージメント(愛着心や思い入れ)
はお金ではないと気づかされます。

 

もちろん成果に対する
報酬はお金で払うことは
必要かと思います。

 

ただお金が先にきてしまうと
順序が間違っている気がします。

 

給料をあげるからしっかり働け。

 

人をつなぎとめるために
給料を高くする、時給を高くする。

 

はっきり言いましょう。

 

そんなの経営者の怠慢です。

 

給料をあげるのが
間違っているとは言いません。

 

ただもっと先にやることが
あるのではないでしょうか。

 


よくこんな悩みを経営者から聞きます。

===================
社員が受け身で自発性が無い
===================

なんて言葉を聞きます。

 


ではモチベーションを上げるために

インセンティブを与える。

 

一時的にはモチベーションが
あがったりするでしょう。

 

しかし、それも一瞬です。

 

次から次へと要求は高くなってきます。

 

やっていることは
以前とそれほと変わらないのに。

 

やがて経営者側も我慢ならなくなり
関係性が悪化して退職。

 

よくある話です。

 

ではメンバーが組織に対して
エンゲージメントを持つ、
自主的に動くとはどんな時なのでしょう。

 

それは『自分事になっているか』

 

なんだそんなことか。

 

はい、大したことではありません。

 

ただこれがとても難しい。

 

 

というよりどうやったら
これができるのか分からない。

 

それが本音ではないでしょうか。

 

『自分事になる』にはどうすればいいのか。

 

それは会社のビジョンと
個人のビジョンをどれだけ
近づける事ができるのか

 

人と人は違います。

 

ですので会社のビジョンと
個人のビジョンが一致することは
ありません。

 

しかし、会社のビジョン達成を目指すと
個人のビジョン達成に近づいていく
ならメンバーはどう思うでしょう。

 

ちょっとずつ前向きに
なると思いませんか?

 

一足飛びにとはいきませんが、
確実に前向きに、自分事になります。

 

自発性が生まれます。

 

経営者が一人で考えたビジョンは
経営者一人のビジョンです。

 

つまり社員からすれば
その時点では他人事。

 

だからこそ『社員自ら』
ビジョンの基本となる考えを
共有して考える必要があります。

 

それをたたき台にして
経営者が決定する。

 

決定したビジョンの責任は
経営者にありますからね。

 

そして経営者自身も
ビジョン達成のための
メンバーの一人として活動する。

 

これがメンバーが自分事になる
ロードマップです。

 

 

お金でつっているメンバーは
他でつられればそっちに行きます。

 

そんな組織にならないように
ビジョンの共有をはかりたいですね。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。