チームビルディングが当たり前の世の中に

チームビルディングが当たり前の世の中に

毎日ブログ生活
854日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
チーム力アップコンサルタント

稲垣です。

 

週末ではありませんが
サッカーの話題から。

 

昨日から天皇杯2回戦がスタート。

 

 

J1のチームはシードのため
2回戦からの出場です。

 

天皇杯はカテゴリーに関係なく
プロとアマがガチガチにぶつかる
トーナメント形式の大会です。

 

毎年下のカテゴリーチームが
プロチームを相手に善戦しています。

 

善戦だけにとどまらず
勝利してしまうこともしばしば。

 

昨日もそんな試合がいくつもありました。

 

J1のチームは全部で18チーム。

 

そのうち実に4チームが
下のカテゴリーのチームに敗れました。

 

勝ったチームでも苦戦をしいられている
チームが多かったようです。

 

我が愛するマリノスも
立命館大学にかなり苦しめられました。

 

天皇杯はこのように
下のカテゴリーチームが
上のチームを食ってしまうことが
しばしばあります。

 

これをサッカーの世界では
ジャイアントキリングと言っています。

 

弱者が強者を倒す

 

のような構図を
イメージしてもらえればOKです。

 

私が日々伝えているチームビルディングも
実はジャイアントキリングを目指しています。

 

私の師匠である石見(いわみ)さんは
常に『起こせ!ジャイアントキリング!!』
と言っています。

 

 

これは資金力やブランド力がない
中小企業が大企業に打ち勝つ。

 

チーム力の差で対抗する。

 

という想いが込められています。

 

そして石見さんは
こんなことも言っています。

 

『チームビルディングが当たり前の世の中に』

 

正直なところこれを聞いても
まだまだ先の話でしょ?

 

そもそもチームビルディングて何?

 

みたいなところが大多数でしょう。

 

しかし、その感覚も徐々に
変わって来ています。

 

実は先日、私が敬愛している
立教大学経営学部の中原淳先生から
重大な発表がありました。

(中原先生のプロフィールはこちらから)
http://www.nakahara-lab.net/profile

 

 

その内容がこちら。

 

2020年4月より立教大学大学院 に
「日本初」の新コース
「リーダーシップ開発コース」が生まれます。

https://ldc.rikkyo.ac.jp/

 

パチパチパチ。

 

。。。

 

何が凄いの?

 

と思うでしょうが
もう少しお付き合いを。

 

この大学院の入学説明会になんと
1日で360名以上の
応募があったとのこと。

 

説明会の日程はたったの一日です。

 

その一日にこれほど多くの人が
申し込みをしているとのこと。

 

大学院ですので当然入試試験もあります。

 

多くは人事関係の現場で働いていて
より学びを深めたい人たちだと言います。

 

カリキュラムを見ると
チームビルディングの要素が
かなり含まれています。

 

それだけ現場サイドで
チームビルディングの必要性を
感じているということです。

 

もうチームビルディングは
当たり前の世の中になりつつあります。

 

組織開発は今流行りの分野です。

 

しかし、それは一時の流行では
留まらないと確信しています。

 

当たり前になる直前の時代です。

 

あおるわけではありませんが、
今やらないと完全に乗り遅れます。

 

流行りにではありません。

 

ビジネスをチームで動かしていく
最低限の考え方、進め方に
今後なっていくはずです。

 

時代は動いています。

 

皆さんも意識してみてはどうでしょう?

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。