チームビルディングのポイント

チームビルディングのポイント

毎日ブログ生活
504日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
経営コンサルタント

稲垣です。

 

昨日もトレーニングでした。

 

コンサルティングの
トレーニングです。

 

毎回違う学びと
違う課題が浮き彫りになります。

 

課題を突き付けられるので
正直凹む部分もあります。

 

しかし、自分の今の実力と
足りてない部分が分かり、
とても貴重な時間と経験です。

 

先生と仲間に
感謝しかありません。

 

 

コンサルタントの仲間や
経営者の方は学びの意識が
とても高い人ばかりです。

 

それが普通になってしまう。

 

それがとても危険だと
昨日も教えられました。

 

『自分の普通は
 相手の普通ではない。』

 

コンサルの現場でも
同じことが起こります。

 

経営者の方にとっては
普通のことが、
社員にとっては全く
普通ではない。

 

『なんで伝わらないのでしょうかね?』

 

こんなセリフを何度も耳にします。

 

それはお互いの『普通』が
全く違うからです。

 

さらに言うと『普通』が
共有できても
その先も違います。

 

『普通』の共有が図られても
そこから行動するかしないかは
これもまた人それぞれです。

 

石見先生からは何度も
教えてもらっていることで
こんな言葉があります。

 

 

『変わりたい人から変わる』
『変われる人から変わる』
『変わりたくない人は変わらなくていい』

 

人と人はそれぞれ
違って当たり前。

 

思考も違うし
行動スタイルも違う。

 

だから、変わるタイミングも違います。

 

さらに言えば
経営者やリーダーから
変わる必要性もないのです。

 

そこもフラットに考えて
変われる人から
変わればいいのです。

 

自発的に動くことにより
変化の効果も高まります。

 

その積み重ねが
自立型の人材を生み
組織が活性化します。

 

逆を言えば個々の違いを無視し
変化のタイミングを強要すれば

組織は崩壊していき、
チームビルディングは
うまくいきません。

 

社員の自主性を求めるなら
変化のタイミングも
相手に委ねてください。

 

『言動一致』

 

社員は経営者の行動を見ています。

 

経営者が一貫性を持って行動する。

 

まずは経営者自ら
見本となる必要がありますね。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。