感謝していない感謝祭

感謝していない感謝祭

毎日ブログ生活
453日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
経営コンサルタント

稲垣です。

 

昨日も夜ネットサーフィンを
していました。

 

顔が色黒なので
波乗りをしてそうと言われますが
ネットでのサーフィン
しかやりません(笑)

 

ユニクロの話題が
出ていましたね。

 

ユニクロに実際務めていた方が
ユニクロの内情を伝える記事です。

 

ユニクロ潜入ルポ
ジャーナリストの
横田増生氏の記事です。

 

創業感謝際での
レジ打ちについて。

 

お客さんが
ひっきりなしに来るので
レジは大渋滞。

 

少しでも人数をさばくため
会計が終わり釣銭を渡した瞬間
次の方を呼ぶという流れが
あったそうです。

 

その流れに横田氏が一言

 

『それって感謝してないじゃん』

 

 

確かに長い時間待たされて
会計が終わった瞬間
あなたは横にズレてください
みたいな感じになります。

 

お客の立場からは
なに??と思う人もいるはずです。

 

単純に数をさばけば
いいのでしょうか?

 

今回のレジを早く回すのも
確かに売上を伸ばす
一つのアイディアだと思います。

 

回転数を上げれば
混雑を極力減らし
ひょっとしたら混雑を避けたい人を
取り込める可能性もあります。

 

機会損失を避けられます。

 

しかし、一方で前に書いたように
『感謝されていない』と
感じる人もいます。

 

このように感じた人は
次回の来店はないかもしれません。

 

リピート率が下がります。

 

私は個人的には接客態度を
重視するタイプなので
そういう人にはマイナスです。

 

では何が言いたいのか?

 

どちらも正しい

 

ということです。

 

しかし、どちらも
『良くない』場合も
ありえるということです。

 

ちょっとややこしいですね。

 

ポイントはどちらの売上方針も
スタッフが納得してやっているのか
というのかという所です。

 

スタッフが方針に
納得していなければ
すべて事務的な作業です。

 

すべて他人事です。

 

 

 

先日あるクライアント先で
売上についてのアイディア出し
ワークを行いました。

 

スタッフ全員出席です。

 

会社を他人事ではなく
自分事にするいい機会です。

 

最初は
『えー!!無理です!』
なんて言っていたスタッフも
きちんとアイディア出すんです。

 

場を整えて上げれば
ちゃんと意見が出てきます。

 

もちろん社長も同席して
アイディア出しです。

 

社長の意見が絶対ではありません。

 

ただ社長が考えている
方向性を伝えられるので
とてもいい時間になります。

 

スタッフも社長から
直接言われるより
受け入れやすい環境です。

 

やる内容はとてもシンプルです。

 

時間を計ってチーム対抗戦にする。

 

それだけ。

 

人の意見は否定しない
出来る出来ないは考慮しない。

 

ワイワイガヤガヤやると
関係性が深まって
コミュニケーションの場も
増えていきますよ。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。