NGT48問題はビジネスでも起こり得る

NGT48問題はビジネスでも起こり得る

毎日ブログ生活
812日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
チーム力アップコンサルタント

稲垣です。

 

なんだか48グループに
不穏な空気が流れているようですね。

 

最近ではめっきりアイドルグループの
情報が分かっていませんが。。。

 

なんでもNGT48のメンバーが
不適切発言をSNS上でして
全メンバーが
SNSの運用を
停止されたそうです。

 

 

NGT48はメンバーの一人が
一般男性から暴行を受けたグループ。

 

しかもそのことをけしかけたのが
グループ内のメンバーとのこと。

 

あくまでもアイドルグループに疎い私が
ネットの情報をただ紹介しているだけなので
事の真相はわかりませんので悪しからず。

 

しかも今回のSNS停止騒動は
その被害を受けた元メンバーに対する
間接的な攻撃が発端。

 

確かにSNSの運用を停止すれば
一時は沈静化するでしょう。

 

しかし、どうでしょう。

 

本当に問題は
解決しているのでしょうか。

 

この騒動を知った方の多くは

『結局問題は解決してなくない?』

と思ったはずです。

 

でもこれ、他人のことだから
そうやって考えられるのですが、
多くの組織でこれと
同じことをやってしまっています。

 

問題が起きたら即座に対応する。

 

目の前に起きた問題だけに
フォーカスして対応しようとする。

 

例えばある社員がミスをする。

 

しかも何度も同じミスをする。

 

頻度があまりにも多いので
始末書を書いて注意する。

 

次やったらクビだから。

 

 

のような話、
どこかで聞いたことありませんか?

 

起こった問題だけに
フォーカスしているのが
分かりますよね。

 

問題の本質にはアプローチ
しようとしていません。

 

このようなケースでは
よく氷山をイメージすると
いいですよとお伝えしています。

 

 

海面より上に見えているのは
氷山の一部。

 

海面より下にはより大きな
氷が存在しています。

 

ここが問題の本質です。

 

しかもその問題には
何度も起こってしまう
パターンが存在しています。

 

何度も同じミスをするパターン。

 

A課長からの指示を受けた際に
ミスが何度も起こっている。

 

他の人の指示の場合は
そんなことは起こらない。

 

なんていうケースもあるかと思います。

 

ではそのパターンを引き起こす
構造は何なのでしょうか。

 

構造というとちょっと
難しくなってしまうので、
仕組みやルール、制度と
考えてもいいかもしれません。

 

さらにその構造が成り立ってしまう
無意識の前提があります。

 

メンタルモデルなんて
言ったりします。

 

このメンタルモデルは
過去の自分が大きく影響しています。

 

ここが変われば問題解決も
大きく近づく。

 

じゃあメンタルモデルを
変えればいいんでしょ?

 

 

と思いますが、
そうは問屋が卸しません。

 

人はメンタルモデルを
変えられたくありません。

 

無意識に正しいと感じていたことを
人から否定されると拒否反応を
起こしてしまいます。

 

だから『構造』部分に
アプローチするのです。

 

制度を変えたり、ルールを変える。

 

そのことにより結果的に
無意識の前提に変化があらわれ
問題が解決していく。

 

これが問題解決の方法です。

 

今回のNGT48の問題解決は
問題解決にはなっていません。

 

おそらく何か別の形で
同じようなことが起こるでしょう。

 

もしくはチームが崩壊して
そもそも存在がなくなるのでは
ないでしょうか。

 

一般的な会社でもまさに
同じようなことが起こっています。

 

そんなチーム、組織が一つでも
減って欲しいと切に願っています。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。