誰かに変えられるなんて、まっぴらごめんだ!!

誰かに変えられるなんて、まっぴらごめんだ!!

毎日ブログ生活
795日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
チーム力アップコンサルタント

稲垣です。

 

昨日の記事でJリーグの
理事である米田さんの記事を
ご紹介しました。

 

昨日の記事はこちら。

 

社員に自発性がないのは経営者のせい!?

 

NewsPicksの記事を読んでいくと
Jリーグも古い体質や、
古い考え方の人が多いことが分かります。

 

米田さんはチェアマンから
変革を求められていました。

 

当然今までのやり方を
良しとしてきた人からすれば
反発がうまれます。

 

自分たちの自由や利益が
奪われると感じる人も
多かったと思います。

 

それでも米田さんは突き進みます。

 

チームビルディングのプログラムを
クライアント先に導入する時も
同じような現象が起こります。

 

=================
経営者が連れてきた
コンサルタントに
とやかく言われたくない。
=================

 

=================
そもそも現場も知らないで
何が分かるのか。
=================

 

=================
今までのやり方で
何か問題があるのか?
=================

 

=================
忙しいのに研修なんかに
時間をとられたくない。
=================

 

現状を変えられたくないという
自己防衛の心理が働きます。

 

 

これはどこにでも起こることなので
特に気にはしていません。

 

ただやはり組織として
『どうなっていたいか?』
という部分と

 

『何のためにやるのか』

 

という部分ははっきりさせておく
必要性があります。

 

私のコンサルティング
プログラムでは研修が
毎回組み込まれています。

 

ゲーム形式で楽しみながら
現状把握とワーキングシェアを
繰り返し行います。

 

ゲームは楽しいので
下手をするとゲームをやることが
目的になってしまいます。

 

そうすると途中から

 

====================
これ何のためにやっているの?
====================

 

なんていう状況になってしまいます。

 

 

他には変化を望まない社員が
研修プログラムを欠席する
なんてことも起こりがち。

 

だからこそ経営者に覚悟
必要なんだと思います。

 

自社をこう変えるのだ
という強い意志が。

 

変化が目に見えてわかるのは
半年ぐらいかかるでしょう。

 

Jリーグ理事の米田さんも
『効果がでるのはおそらく中長期』
と言っています。

 

そんなに人は簡単には
変われません。

 

人が変わらなければ
組織は変わりません。

 

組織の変化を望むのなら
明確なビジョンと強い意志、
変化を長期的目線で待てる
心が必要ですね。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。