社員が責任をもって行動してくれないという悩み

社員が責任をもって行動してくれないという悩み

毎日ブログ生活
974日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
チーム力アップコンサルタント

稲垣です。

 

堀江さんの記事が
ネットに上がっていました。

 

この人の一挙手一投足に
多くの人が反応しています。

 

今回は

『会議中こそスマホをいじるべき理由』

というタイトルでした。

 

打ち合わせや会議の中でも
ちょっとした隙間時間があり、
その瞬間瞬間で仕事の指示をしたり、
確認事項をチェックする。

 

 

なんてことをしているといいます。

 

おそらく個人の能力値も
関係してくるでしょうが、
言っている事に説得力はあります。

 

この内容について一般の方から
コメントが付いていました。

 

堀江さんはすべての行動に
自分で責任を取っている
だからOKなのだと思う。

 

みたいな内容でした。

 

そうだよな~

 

なんて思っていました。

 

今日はこの『責任』について
話を展開していこうかと思います。

 

経営者には当然『全責任』が
その両肩にのしかかってきます。

 

だから常に真剣で、時には厳しい事も言う。

 

生きるか死ぬかのレベルで
事業を回している人もいます。

 

その一方で社員のレベル感では
ちょっと意識が違うような気がします。

 

 

ある程度の年数をその会社で勤め、
自分一人である程度のことまで
できるようになってきた。

 

ただあまり仕事を回してもらえない。

 

なぜだろう?
これならこの会社にいる必要はない。
もう辞めてしまおうか。

 

一方で経営者の仕事はあふれている。

 

経営者はなぜ社員に仕事を回さないのか。

 

これは経営者側の問題なのか?

 

確かにできるリーダーは周りを巻き込んで
自分の作業を極力減らしていきます。

 

では仕事を振れないリーダーは
全員ダメなリーダーなのか。

 

私はそうは思いません。

 

やはり仕事は『責任感』を
持てる人にしか回せないのです。

 

結構当たり前のことを言っています。

 

でも社員のレベルでは
それほど当たり前になっていません。

 

知識がある、技術がある、経験がある。

 

これらが揃っていれば
『仕事ができる人』
の仲間入りと思っている人も
結構多かったりします。

 

ただ現実は知識や技術、経験がなくても
『責任感』がある人に
仕事を任せたくなるものです。

 

知識や技術はやりながら学べばいい。

 

いやむしろやりながらでしか
学べなかったりします。

 

ではどうすれば社員が
責任もって行動をしてくれるのか。

 

 

もうこれは経営者が具体的に
伝えるしかないと思います。

 

経営者が考える責任ある行動を
具体的にたな卸して、
それを言語化して伝える。

 

ある種の評価制度のようなものです。

 

そこには経営者が大事にしている
ミッション(使命感)やバリュー(価値観)も
絡んでくるでしょう。

 

だから責任ある行動を具体的に
伝えることはとても重要なのです。

 

『責任もって仕事をしろ!』

 

と言われても困っちゃいますからね。

 

まずは責任ある行動の言語化から始め、
それを何度も伝えることで
責任感ある社員が育っていきます。

 

皆さんの中での責任ある行動とは
どんなことですか?

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。