SMARTでお願いします!

SMARTでお願いします!

毎日ブログ生活
534日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
経営コンサルタント

稲垣です。

 

ここ一ヶ月ほどで
若干太ってしまいました。

 

一番の原因はランチで
外食する機会が
増えたからでしょう。

 

やはり外食は意識的に
減らさないといけませんね。

 

 

と、いうことで今週から
軽いダイエットのため
奥さんに頼んでお昼はお弁当を
作ってもらっています。

 

極端に減量するわけではなく
腹八分目ぐらいの量です。

 

太りやすい体質なので
ケアしていきます。

 

やはりSMARTのほうが
良いですからね。

 

そうSMARTが大事です。

 

。。。

 

。。。。。。

 

はい、今日お伝えしたいのは
このSMARTについてです。

 

と言っても体ケアに
関することではありません。

 

組織ケアと言ってもいいのですかね。

 

今回お伝えするのは
組織におけるSMARTです。

 

さらにいうと組織における
目標の基準です。

 

 

会社組織にはそれぞれ
目標があるかと思います。

 

売上目標
利益目標
行動目標

 

などなど。

 

皆さんはこの目標について
どんな基準で設定していますか?

 

おそらくそれほど
意識してないかと思います。

 

この基準について
5つの項目の頭文字をとって
SMARTと言っています。

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

1.具体的(Specific)
 → 明確で「何が」がクリアであること

 

具体性があると
行動を起こしやすくなります。

 

2.測定可能(Measurable)
 → 量で測れること、検証可能であること

 

測れるということは
進捗がわかります。

未達の場合どれぐらい
足りないのかが分かり、
その後の行動を変えることが出来ます。

 

3.達成可能(Achievable)
 → 現実的で、努力をすれば
   達成可能であること

 

達成不可能な目標は
自分事になりません。

 

4.目的に沿っていること(Relevant)
 → 目標の達成が、目的達成にとって
   意味があること

 

目的があっての目標です。
目的に沿っていない目標は
意味のない目標になってしまいます。

 

5.具体的な期間 (Time-bound)
 → 達成期間が限定され、
   期限が決まっていること

 

夢に日付を入れろ。
ではないですが
期間が決まっていると
より行動が加速します。

 

この5つの頭文字を取って
SMARTになります。

 

社内目標、チーム目標など
目標を立てる機会は
それなりに多いはずです。

 

この5つの基準を
意識してみて下さい。

 

より明確な目標設定ができ、
目的達成に近づきますよ。

 

本日はここまで。

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。