『全体を見る』ために必要な二つの視点

『全体を見る』ために必要な二つの視点

毎日ブログ生活
425日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
経営コンサルタント

稲垣です

 

昨日は三連休の
最終日ということで
各地の高速道路で渋滞が
発生していましたね

 

関東でいうと
東名高速道路・大和トンネル
中央自動車道・小仏トンネル
東北自動車道・羽生パーキングエリア

 

このあたりが渋滞の
メッカとなっています

 

 

渋滞には発生の原因が
いくつかあります

 

一台がブレーキを
かけたことにより
連鎖反応で後ろの車が
ブレーキをかける

 

その連鎖が続いて渋滞が発生

 

または、視覚的には
平坦だと思って運転していたら
実は上り坂

 

知らず知らずのうちに
速度が落ちていた

 

これも原因のひとつです

 

人は問題が起こると
それに対応して
解決しようとします

 

渋滞のケースで考えると
原因がスピードが
落ちたことによるものなら

『速度を上げるように促す』

 

こんな感じです

 

問題には原因が必ずあります

 

そこを解決すれば
すべて解決する!!

 

と、言うわけにはいきません

 

実はもっと奥深いところで
問題が複雑に絡み合っている
場合が多くあるからです

 

特にビジネスにおける
問題はそれが顕著です

 

資金繰りのことであったり
売上のことであったり、
組織のことであったり
コミュニケーションのことであったり

 

一つのことを解決すると
他の部分が解決できない
なんてことがしょっちゅうです

 

 

だから問題の奥深いところも
見ていかなければいけないのです

 

私は常に『全体を見る』
ことをお伝えしています

 

この『全体を見る』とは
表面的な全体だけではありません

 

『縦方向』の『全体』も
とても重要視しています

 

問題が起こっているのは
『なぜ』なのか

 

この『なぜ』を
どんどん突き詰めていきます

 

そうすると問題の本質に
たどり着くことができ
解決へと動くことができます

 

見えている部分は
それほど重要では
なかったりします

 

見ようとしなければ
見えない部分が本当は
重要な部分であることが
ほとんどです

 

皆さんも解決したい
問題があったら
表面的にだけでなく
縦関係にも目を向けて
『全体』をみて下さいね

 

本日はここまで

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

セミナーを開催します

 

 

人のマネジメントの部分も
少しお話する予定です

 

ご参加お待ちしております

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました