働き方改革という得体のしれないものに出会って気がついたこと

働き方改革という得体のしれないものに出会って気がついたこと

毎日ブログ生活
820日目

 

ビジネスには
『全体を見る』ことが重要

 

ゴールキーパー型
チーム力アップコンサルタント

稲垣です。

 

昨日は新幹線に乗って小旅行。

 

名古屋まで遠征してきました。

 

と、いっても横浜から名古屋は
1時間半ですからね。

 

近いものです。

 

今回の遠征はゲーム体験
&コーチングトレーニング。

 

 

インプットしながらの
アウトプットです。

 

特にゲームは初体験の
働き方改革ゲーム!

 

ゲームを通して働き方改革について
体感し、考え、アウトプットします。

 

ちなみに働き方改革とは?
と聞かれたらなんと答えますか?

 

厚生労働省が言っていることを
まとめるとこんな感じ。

 

『働き方改革』とは、
各組織、各個人がより良い
働き方を実現するチャンスの場。

 

なるほど~
ただの制度の整備じゃない
と言うことですね。

 

ではいざゲームをやってみると、
これがなかなか難しい。

 

一つ一つの要素や行動は
理解できるのですが
それが絡みあうと。。。

 

やっぱり経営は難しいなと
感じた次第です。

 

ただ冷静に見てみると。。。

 

あれ?これいつも自分がやってる
チームビルディングだよね?

 

なんて思ったりします。

 

 

ゲームで出てくる要素として、

 

『多様性を受け入れる』

 

『ビジョンを構築する』

 

『制度面を整えていく』

 

『社員の会社への
 エンゲージメント(愛着心)
 を強くする』

 

これってチームを強くする
3つの要素だよな~

 

なんて思ったりします。

 

3つの要素とは

 

人材力 × 組織力 × 関係力

 

です。

 

多様性は人を人としてみる
人材力の範疇。

 

ビジョンの構築や制度面の整備は
組織力の領域。

 

エンゲージメントは
会社(組織)との関係性

 

働き方改革と名前は変えてはいるけど
結局はチームビルディングなんだな
と思ったりして安心しました。

 

問題ややるべきことは複雑化していて、
一つの問題をクリアしても
他の問題はぐちゃぐちゃのまま。

 

もう一つをクリアしようとすると、
最初にクリアしたはずのことも
もとに戻っていたりする。

 

結局ルービックキューブ
なんだな~
なんて思ったりします。

 

 

一面だけそろえても
横の面や反対の面は
全然そろっていない。

 

ある面にとっては有効な一手も
他の面からすれば真逆に作用する。

 

そんなことが繰り返される。

 

だからいつまでたっても
うまく事が進んでいかない。

 

人材力 × 組織力 × 関係力

 

セオリー的には左から順番に
進めて行く感じですが、
ほぼ同時に近いタイミングで
3つの要素を回していく感じです。

 


それがうまくはまって

それぞれを動かしていくと

『ルービックキューブの全面が

 一気に揃っていく』

みたいなイメージです。

 


やれ定時で帰るように取り決めるとか

有休の取得を義務付けるとか
そればかりが前に出てきますが、
それはおまけみたいなものです。

 

本質部分を置き忘れて
スタートしないように
皆さんも気を付けてください。

 

本日はここまで。

 

人材教育や組織作りに関する
セミナーを開催します。

 

詳細はこちら ↓

 

セミナー情報20190612@横浜

 

このブログをメルマガでも
お伝えしています。

 

メルマガ登録はこちら 

【ボスマガジン】登録フォーム

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。